Office 365 を使用するユーザーについて

2021/03/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログ運営者のtkjzblogです。 仕事柄新しいシステムに触れることが多いです。 Windows、Linux(RHEL)がメインです。その他、VMwareやOffice365など仮想環境やクラウド環境も少しですが触れることがあります。 いろいろ忘れがちのため、このサイトへ情報を書き溜めていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願い致します。

Office 365 を使用するユーザーは、2 種類あります。

クラウドユーザー

Office 365 上で直接作成したユーザーです。

ディレクトリ同期ユーザー

オンプレミス ActiveDirectory で作成後、ディレクトリ同期によって Office 365 上に同期されたユーザーです。

※オンプレミスとは、クラウド(外部)に対してオンプレミス(内部、自社運用)ととらえてもらうと理解しやすいかと思います。

オンプレミス ActiveDirectory のユーザーとコンピューターの属性エディターにいろいろと属性が設定されています。これらの情報がOffice365へ同期されています。

そのため、ディレクトリ同期ユーザー情報をOffice365上で直接編集しようとすると以下のようなエラーが表示され編集できません。

まとめ

まとめるほどでもないですが、自身が担当しているテナントがどちらのユーザーであるかは確認しておいたほうが、障害発生時の切り分けに影響してきますので気を付けておきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログ運営者のtkjzblogです。 仕事柄新しいシステムに触れることが多いです。 Windows、Linux(RHEL)がメインです。その他、VMwareやOffice365など仮想環境やクラウド環境も少しですが触れることがあります。 いろいろ忘れがちのため、このサイトへ情報を書き溜めていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© しっぱいはせいこうのもと , 2020 All Rights Reserved.