Moving your core customer data to Japan(主要顧客データを日本に移動する)について確認

2021/03/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログ運営者のtkjzblogです。 仕事柄新しいシステムに触れることが多いです。 Windows、Linux(RHEL)がメインです。その他、VMwareやOffice365など仮想環境やクラウド環境も少しですが触れることがあります。 いろいろ忘れがちのため、このサイトへ情報を書き溜めていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願い致します。

概要

Microsoftからちょいちょい届く「Message Center Major Change Update Notification」メールに表題のものがあり、意味が分からなかったので確認しました。

機械翻訳は、

「データ常駐要件を満たし、Office 365の復元力を維持します。コア顧客データ、ビジネス継続性、および災害復旧のための地理内データ常駐の利点があります。 Office 365には、日本にデータセンタージオがあります。 Microsoft Teamsチャットサービスデータを含む移行サービスを提供しています。」

「組織全体のコア顧客データの早期移行に関心がある場合は、2020年7月1日までにオプトインしてください。
マイクロソフトは、追加費用なしで、2022年7月1日までに、コアの顧客データの日本のデータセンター地域への移行を完了します。」

確認結果

要約しますと、

世界のどこかに存在しているあなたの顧客データを日本のデータセンターに無料で移行します。

さらに2020年7月1日までに要望を入れておけば、必ず2022年7月1日までにデータ移行を完了します。

ただ、2020年7月1日までに要望しなくても完了はいつになるか分かりませんが、日本のデータセンターへ必ず移行しておきます。

以上です。

まとめ

私も気になったのでMicrosoftサポートへこれを早期に要望する必要性について確認しましたが、「う~ん・・・」というような回答であったため、特に急いで要望を入れる必要はないのかなと感じました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログ運営者のtkjzblogです。 仕事柄新しいシステムに触れることが多いです。 Windows、Linux(RHEL)がメインです。その他、VMwareやOffice365など仮想環境やクラウド環境も少しですが触れることがあります。 いろいろ忘れがちのため、このサイトへ情報を書き溜めていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© しっぱいはせいこうのもと , 2020 All Rights Reserved.