Office365で割り当てられているライセンスのサービスの詳細を表示するコマンド

2021/03/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログ運営者のtkjzblogです。 仕事柄新しいシステムに触れることが多いです。 Windows、Linux(RHEL)がメインです。その他、VMwareやOffice365など仮想環境やクラウド環境も少しですが触れることがあります。 いろいろ忘れがちのため、このサイトへ情報を書き溜めていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願い致します。

Office365のライセンスプランは、Office 365 E1、Office 365 A1、Office 365 Enterprise E1と数々あります。これだけを見てもOutlook on the web(メール)が利用できるのかなど分かりません。ライセンスプランはさらに細かくサービスとして分かれていて、それぞれに有効、無効が可能です。

そのサービスの状態を確認するコマンドをご紹介します。

AzureActiveDirectoryへコマンドで接続

Windows PowerShell コマンド プロンプトを管理者で実行し、以下コマンドを入力します。

Connect-MsolService

認証ウィンドウが表示されるのでOffice365管理者権限ユーザーのID、パスワードで認証します。

エラーなくWindows PowerShell のプロンプトが返されれば接続完了です。

Office365のライセンスプランのサービスの詳細を確認

以下コマンドを実行します。

今回は例として UserPrincipalName を test-user@example.com としています。自身の環境に読み替えて入力してください。

(Get-MsolUser -UserPrincipalName test-user@example.com).Licenses.ServiceStatus

以下のような結果が返されます。ライセンスプラン(STANDARDWOFFPACK_FACULTY) のサービスの詳細を例として紹介します。

ServicePlan ProvisioningStatus
———– ——————
EducationAnalyticsP1 Success
KAIZALA_O365_P2 Success
MICROSOFT_SEARCH Success
WHITEBOARD_PLAN1 Success
OFFICEMOBILE_SUBSCRIPTION Success
BPOS_S_TODO_2 Success
AAD_BASIC_EDU Disabled
SCHOOL_DATA_SYNC_P1 Disabled
STREAM_O365_E3 Disabled
TEAMS1 Success
Deskless Disabled
FLOW_O365_P2 Disabled
POWERAPPS_O365_P2 Disabled
RMS_S_ENTERPRISE Disabled
OFFICE_FORMS_PLAN_2 Disabled
PROJECTWORKMANAGEMENT Disabled
SWAY Disabled
INTUNE_O365 Success
YAMMER_EDU Disabled
SHAREPOINTWAC_EDU Disabled
MCOSTANDARD Disabled
SHAREPOINTSTANDARD_EDU Success
EXCHANGE_S_STANDARD Success

Office365で割り当てられているライセンスプランの確認は、以下を参考にしてください。

Office365で割り当てられているライセンスプランを確認するコマンド

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログ運営者のtkjzblogです。 仕事柄新しいシステムに触れることが多いです。 Windows、Linux(RHEL)がメインです。その他、VMwareやOffice365など仮想環境やクラウド環境も少しですが触れることがあります。 いろいろ忘れがちのため、このサイトへ情報を書き溜めていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© しっぱいはせいこうのもと , 2020 All Rights Reserved.